vvv

 

TPPの交渉の中で、著作権の非親告罪化が言われてるんですね。

つまり、「著作権侵害があれば、権利者が申し立てをしなくても、しょっぴくよ?」ということです。

この記事にある、
http://eagleofeagles.com/archives/1495

あきらかな著作権侵害(載せてた動画はフジテレビからも申し立てで削除されています)の動画を編集して、

自分の詐欺ビジネスへ引っ張り込もうとしているタイプ。

これって、もはや「非親告罪化になったら全部アウト」なんですよね。

先日も、FC2動画にアップロードしていた女が逮捕されてましたが、ユーチューブは野放しですんで、テレビとか、DVDとか、サイズを変え音声をいじり、アップされてますね。

非親告罪化までに、滑り込みで儲けよう!っていう煽りもあるんでしょう、
最近はYouTubeで稼ぐ!っていう商材も、増えてきました。

たしかに、広告モデルとして、視聴回数が増えれば、絶対に儲かります。

視聴回数が少なくても、なにもしなければ0円→動画つくれば1円

これは確かです。

 

しかし、です。

最近発売された、「レモンジーナ」という清涼飲料水。

これね。

なんでこんな人気なの?

「レモンジーナ 飲んでみた」で検索すると、

女性やら小学生やら中学生やらが、

自分の顔を晒して、150円ほどで買ってきたジュースを

「レビューしてま〜す!」ってドヤ顔で

後先考えずにやってるわけです。

 

あきらかにヒカキンさんの影響でしょうけど(HIKAKINは小学生に爆発的人気)、
こういう、うかつなユーチューバーが増えるのって、いいのかな〜って思います。

自己顕示欲があるのはわかりますが、
これって一生消えないんですよ?

彼ら子供らは単に親の監督責任が問われるだけですが、
いい大人が、

詐欺商材にころっと騙されて、自分の顔を出して、動画を作って、
アップして、それで稼げるって思い込む…。

危なっかしいですねえ…

知らないもの、新しいもの、よくわからないもの、

これらを利用して、「より、知らない人を引っ掛ける」のが詐欺師なんです。

YouTubeのこと、あなた、なにを知ってます?

 

 

 

 

なーんか、ちょっとでいいから儲かる、稼げる商材ってないのかよ…
とか、自分で考えてもよくわからない、という人は、

質問・相談・愚痴wwなどを、コチラからどーぞ。

では、また次回…。