日本初公開!!アホでもバカでも必ず売れる! 
再現性100%の送料ビジネス!!

送料ビジネス3

ということで、キャンペーンがはじまったようですねー。

まだ、セールスまでには時間があるようで、
現在、誇大な対談動画がじょじょに公開されていくようです。

須見一さん。
自らを「バカ」とも言っていますが。


その「送料ビジネス」とやらの内容は…

「あるモノ」を50円で買う

1円で売る

送料として250円もらえる
そこから経費を引く。

【経費】
仕入れ代 50円
手数料 80円と60円
梱包など 9円

全部で
199円かかる

送料250円から199円を引く

51円

販売代金が1円だから…

52円の利益が出る。

これを1000回くりかえせば52000円になる


たしかに単純です。



しかしこれを「目からウロコ」なんて言ってる人、
少し冷静になるべきではないですか????




この「送料が250円」という時点で、
ピンとくる人は来てるでしょうね、

Amazon
です。


Amazonでは、
出品用アカウントを取得し、
マーケットプレイスで本や雑誌を出品すると、
買い手がついた場合、その送料として、
自動的に250円くれるんです。
Amazonが、くれるんです(CDやDVDだと340円くれます)。

新品を買うと、今は送料0円ですが、
中古品は出品者がそれぞれに発送するので、
送料は250円かかるのです。

たとえ1円で売れたものであっても、
250円くれるわけです。

買い手は、1円で買ったとしても、
それは商品の値段が1円であって、
送料込みで251円を払うことになります。

送料ビジネス」の「送料」というのは、
この「Amazonからくれる送料」のことを指しています。

商品代金ではなく、
「Amazonがくれる送料」で儲けようぜ!

が、この商材の正体です。





落とし穴が2つあります、後述。

手数料、のとこで出て来た、
80円と60円、
この80円は、メール便で送るときの、
実際にかかる送料ですね。


そう、Amazonで出品すると、
どんな方法で買い手に送ろうが、
Amazonは自動的に250円くれますから、
安い方法で送るに越した事はないんです。

クロネコヤマトメール便なら80円。

で、60円の方は、Amazonが取る手数料ですね。
1出品につき、モノの大きさなどにも寄りますが、
いくらか取られます。






さて、落とし穴その1、ですが…。






続きは次回、にします。




読んでいただき、ありがとうございます。




質問・相談・愚痴wwなどはコチラからどーぞ。

では、また次回…。