おお、出来るもんならやってみろよww!

販売ページ http://paper.client.jp/
販売者 担当人材マッチング事業部/竹内明博
住所 川崎市川崎区大師駅前2-9-8-202
連絡先 044-280-7737/agent-support@mail.goo.ne.jp


フリーペーパー2

街にある(落ちてるような)フリーペーパーが金になる!
と言われて、あなたならどう想像します?

配ってるフリーペーパーを、もらって、
家に持って帰って…またはごっそり店舗に
設置してあるスタンドから根こそぎ奪って帰って…。

…どうするwww???

なんでこれがビジネスになるんだ???

いつ、どうやって金儲けにつながるんだろ???

サギ商材というのは、いつも、
「とんでもない論理の飛躍」をします。

その「飛躍してる間」には、
もちろんウソが詰まってるんだけど、

悪い想像は心臓に悪いからしたくない人とか、
どう想像したらよいかわからない情報弱者の人とか、
そもそも想像をするのがめんどくさいとか、
そういう人が、引っかかるんです。





フリーペーパーは、「広告だけ」で成り立っています。

広告を出しているということは、
広告費を出している企業がある、
ということですよね。


広告費というのは、
うまくいってない会社なら、
人件費と並んで
「まず、削ってしまいたい出費」ですから、
広告を出しているというのはそれだけ、
うまくいっている会社である可能性も高い。

それは、そうなんですが…。

このクソサギ商材の中身は、
「その会社に、自分で営業かけて、
“広告作りまっせ”と言い、
実際に作って、
ポスティングして回れ!」

と言っているんです。

…できます??

「儲かる!」

儲かるかッボケッッ!!!




いきなり、会社に、一個人が、個人名で、
デザイン等の技術もないのに
「広告作りますんで!」なんて、
売り込みかけられます??


それまで契約してた広告代理店との付き合いとか、
どうなるんです??


しかもこのサギ商材はは、
「請求書と振込用紙をいきなり送りつけろ!」
と言っているんです。


商談も説明もなしに、
これに応じる会社があると、考えられます??


これが実現できると思うって、
よほど頭悪い人だけですよwww


フリーペーパー1


さて、この、セールスレターに書いてある、
リアルビジネス」っていうのは、クセモノですよね。

どういうことかというと…。



リアルビジネス」の反対は、
じゃあ、なんだと思います??




おそらく「ネットビジネス」でしょう。

ネットで稼ぎたい!という願望を持ち、
いろいろ商材を探したり
投資をしたつもりでサギにあったりしながら、

(彼らの言うところの)リアルではない、
『ネット内で富を生む情報』

求めているわけですよね。

なのに、どうして、
「リアルビジネスに回帰する」みたいな文言に

引っかかってしまうのか。



それは、
「やっぱり、少し、
ネットビジネスをナメているから」
なんじゃないかなと思います。




つまり、ネットで稼ぐ!には魅力があると言いながら、
やっぱりどこかで
リアルは強いよ、ネットなんてヴァーチャルな、ふわふわした、
浮ついた、よくわからない世界だよ”
という気持ちが潜在意識にあるんです。



ここで、今回ここまで読んでくれたあなたといっしょに、
確認しておきたいと思います。







「ネットビジネス」は、
「リアルビジネス」です!




もう一度確認しましょう。





「ネットビジネス」は、
「リアルビジネス」です!


わかりました??


この宇宙空間に、
ネットビジネス」「リアルビジネス」という
ふたつのビジネス世界があるのではありません。


リアルビジネス」の中に「ネットビジネス」がある、
と言い換えてもいいかも知れません。


なので、ネットだから…というくくり方をしている以上、
ビジネスとしての頭脳になれていないんです。


だから、1円も稼げません。
月収100万円?絶対に不可能です。


これはビジネスだ!!
とシビアに考えることから、始めましょう。



ついでに今回のクソサギ商材、
やはり、「国内総発行部数2億9千万部」とかいう、
誇大でありながら曖昧な表現を使ってますよね。

こういう表現が出て来たら、すべてサギ、
と判断して差し支えありません。






これからも有益な情報を、あなたにシェアしたいと思います。







情報収集する上での励みになります。

クリックしておいてもらえませんか?
よろしくお願いします⬇


banner







最後まで読んでいただき、ありがとうございます。




質問・相談・愚痴wwなどはコチラからどーぞ。;

では、また次回…。