Amazon1



前回の続きです。



たとえば、Amazonというのが情報商材の重要な
キーワードとして出て来ることがあります。


せどりでもそうですよね。



Amazonにはマーケットプレイスという中古市場があり、
FBAというサービスがあり、売れたら手数料を取られ、

…などなど、実践すれば当たり前でしかないことが
たくさんあって、実践者からすると、
それを今さらうまく説明するのは逆に難しく感じられる、
というような基本がたくさんあります。


Holiday Shopping Online「アマゾンから荷物来た」と言ったら「南米から!?」と驚かれていたあの頃…wwww




自称「初心者」は、このあたりの苦労(自分で調べたり
小額のお金を使って実体験すること)を避けて通りたいという
願望がありますから、そこも教えて欲しい、となります。



本屋で立ち読みすればすぐにわかるような内容までも、です。




そこに、「高額塾」がつけいるスキがあるわけです。



「超初心者でも大丈夫!」と書いてあると、
他に書籍などで情報を得なくても、ぜんぶやってくれるんだ!
教えてもらえるんだ!という、
「依存心」が芽生えてきます。


「依存心」。




これが、ビジネスにとって一番危険なことではないでしょうか。

これの為に、前回書いたような、
「同じ時期に」
「同じように」
「同じ列に並び」
「同じ渋滞の苦しみを味わって」
いるのではありませんか????






誰にも頼らず稼ぎ、人生を変えたい!と決めたはずが、
勉強すらせず、情報商材に組み込まれた(たいてい
ステップ1とかに書いてあるww)、

「Amazonとは、登録の仕方とは…」みたいな、
知ってる子なら中学生でも知ってる内容に
「ほー、へー」と
感心し、不労所得街道に足を踏み入れたような
気分になっている。



それ、必ず挫折します。


買った商材でも、どこかで自分独自の創意工夫が
必要になってくるものです。



自分独自のオリジナリティがないと、
他人とまったく同じことをやって、
まったく同じ成果が出るのなら、
あなたがやる必要はないし、
需要もありません。




他人の工夫を見ているうちに、
「あ、こうすればいいんじゃないろうか!」という
ひらめきが“降りて来る”のが理想です。




そのためには、自分を「初心者」と呼ぶのを
やめることから始めましょう。





プロになったら、もう1日めから「初心者」なんていう
肩書きは通用しません。


そして初心者が、
プロと同じように稼げるわけは、ないんです。


つまり、「初心者です」なんて甘えているうちは、
稼ぐことなど土台不可能だということです。




このあたりが基本の「キ」なので、意識するようにしましょう。




こういう内容も、高額塾だと
「ステップ1」に含まれていたりしますよwwww


バカバカしい。



バカにされていることに、気づかないとねwwww!!!






最後まで読んでいただき、ありがとうございます。




質問・相談・愚痴wwなどはコチラからどーぞ。

では、また次回…。




p.s.暑い日が続きます。くれぐれも熱中症対策を
怠らないようにしましょう!

身体が資本です、健康の維持も、仕事のうちです!